ブログ

_____
blog
2019/4/1 11:00

塗装と雨漏りの関係性について



こんにちは。 岡山県岡山市を拠点に店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。

冬が終わり、だいぶ温かくなってきましたね!
でもこの時期が一段落すると、あっという間に梅雨がやってきます。

梅雨といえば大切になってくるのが雨仕舞いです。
みなさんは、ご自身の家の雨漏り対策は行っていますか?
雨漏り対策をしっかりしなければ、家の中に湿気が溜まってしまいます。

湿気は、建築資材を傷めてしまう可能性があります。
建築資材が木造であれば腐食してしまいますし、鉄筋素材であれば錆などを発生して、家の強度や耐震強度が弱くなってしまうことがあります。

雨漏りや屋根からだけでなく、外壁で剥がれた塗料の間やサイディングの隙間を埋めているコーキング部分からも発生します。
外壁は雨や風、紫外線にさらされていますから、経年劣化を起こしてしまい、ひび割れなどの症状を起こしてしまいます。



そうなると、剥がれた塗料の間から雨漏りを起こして家の中に湿気が溜まってしまいます。
不安になられる方もいらっしゃるかと思いますが、外壁塗装工事をすることで雨漏りを防ぐ効果があります。

ひび割れ部分に補修を行うことで、雨や雪などの水の浸入を防ぐ効果があります。
外壁塗装を行うことで、今まで気づかなかった雨漏り被害に気がつくきっかけにもなります。
樋部分も塗装を行いますので、詰まりを改善すれば雨漏りを事前に防ぐことができるでしょう。



ほかにも外装塗装によってさまざまな雨水の浸入を防いだり、大きなトラブルになる前に未然に事故を防ぐことも可能になります。

防水についてより詳しく知りたいという方は、どうぞお気軽にTOTAL PAINTINGまでご相談ください!

<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>
TEL:086-238-2790