ブログ

_____
blog
2019/8/20 9:41

屋根塗装の耐久性をあげる!~下地処理ってどんなことするの?



皆さんこんにちは。
岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。

屋根は紫外線に直接あたる部分ですし、雨風や大気中の汚染物質が付着しやすい状況にあります。
でも、普段は顔を上げてもなかなか屋根を見ることができませんので、状態を確認する頻度も少なくなりがち。そのため、気づいたときには劣化が進んでいたということが多いのです。
この劣化が進むと、雨漏りの原因にもなります。これを防ぐためにも、定期的に屋根塗装をすることが重要となります。

屋根塗装を行うとき、塗料を塗る前に下地処理をすることが欠かせません。
下地処理とは、まずは長年にわたって蓄積された汚れを洗い流していくことが最初の工程です。
高圧洗浄でこびりついた砂などの汚れを洗い流し、屋根素材そのものの状態を確認できるようにします。
さらに、ヒビや割れ、劣化したところがあれば部分的に屋根材を貼り変えたり、上から補強素材を貼り付けるなどを行います。



さびが発生しやすい屋根素材の場合は、手作業で少しずつ落としていきます。以前に屋根塗装を行ったことがある場合は、その際の塗料が劣化によって浮き上がって塗膜が剥がれていることがあります。

中途半端に剥がれた状態になったまま塗料を塗ってもはがれやすくなるので、塗膜を綺麗に取り除く作業も行います。かけた部分やひび割れが入った部分があれば、隙間を塞ぐ作業を行い、滑らかな状態に整えることが下地処理の目的になります。全ての汚れを取り除いて劣化部分を補修してから、塗料を塗る作業を始めます。



このような下地処理には、長年蓄積してきたノウハウや長年の経験が、その後の耐久性を左右します。
特に通り一辺倒な知識だけでなく、地場の気候風土による影響なども分かっていないと、成分の配合から塗り方、回数など、最善の解を出せないためです。

住まいの屋根・外壁の塗り替えでお悩みがあれば、地元で数多くの塗装を手掛け、長年住宅塗装に携わってきたTOTAL PAINTINGまでお気軽にご相談ください!

<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>
TEL:086-238-2790