施工事例

_____
showcase
2017/12/14 16:00

岡山市中区平井I様邸

塗装前にしっかりと付着した苔や汚れを落とします。最終的な仕上げに大きく影響する大切な工程です。
塗装前にしっかりと付着した苔や汚れを落とします。最終的な仕上げに大きく影響する大切な工程です。
同時に木製の柵も施工させて頂きました。今回は、洗浄機を使い隅々まで汚れを落としました。
同時に木製の柵も施工させて頂きました。今回は、洗浄機を使い隅々まで汚れを落としました。
施工前の柵です。
色もはげかけて土台の部分には、苔も付着して来ていました。
施工前の柵です。 色もはげかけて土台の部分には、苔も付着して来ていました。
洗浄→乾燥の写真です。痛んだ表面が綺麗に取れているのが乾くと良くわかります。
洗浄→乾燥の写真です。痛んだ表面が綺麗に取れているのが乾くと良くわかります。
ウッドデッキもしっかりと乾燥しました。
ウッドデッキもしっかりと乾燥しました。
細かな所までケバ立ちをサンドペーパーを使い落として行きます。この工程も仕上げに影響する大切な工程です
細かな所までケバ立ちをサンドペーパーを使い落として行きます。この工程も仕上げに影響する大切な工程です
水性ニューボンデンを使用
水性ニューボンデンを使用
しっかりと木に染み込ます様に刷毛で塗布してやります。
しっかりと木に染み込ます様に刷毛で塗布してやります。
完了です。しっかりと色も付きました。
完了です。しっかりと色も付きました。
内側です。
鉄の柱もウレタン塗料にてしっかりと塗装しました。
内側です。 鉄の柱もウレタン塗料にてしっかりと塗装しました。
色褪せてきた木製の柵と、ベンチ滑り台まで付いたウッドデッキの再塗装を知人を通してご依頼を頂きました。苔の付着と灰色化の進行して来た柵とデッキを水性のWPステインを使いしっかりと下地処理をした上で塗装し『綺麗になりました。ありがとうございました。』と喜んで頂きました。

ブラシと洗浄機にて苔や汚れを綺麗に取り除き、しっかりと乾燥させてからサンドペーパーを使いケバ立ちを落としからの塗装です。この塗装前の下地処理にいかに丁寧にするかが、耐久性や仕上がりに影響して来ます。使用塗料は、『水性ニューボンデン』環境にも優しい水性のWPステイン(木材保護塗料)です。防虫・防腐・防カビここ迄は良く有ります。撥水効果も優れており防藻材配合、何より防蟻の効果までもが有る優れた塗装です。知ってましたか?防虫材配合では、白蟻は、防げません。防虫材は、キクイムシなどの虫には、効果が有りますが白蟻には、効果が無いのです。
このWPステインを刷毛を使い木にしっかりと染み込ます様に塗布して行きます。表面だけで無く中までしっかりと染み込ませてやる事によりより木部を長持ちさせることが出来ます。